logo

フォトレポート:ジュネーブモーターショー2006--華麗なる「ドリームカー」の競演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今年で76回目を迎えたジュネーブモーターショー(International Motor Show in Geneva)では、メーカー各社が、映画「007シリーズ」の主人公、ジェームズ・ボンドが乗るような、強力で優雅かつ快適な乗り心地のクルマを披露していた。

Bugattiの「Veyron」は16気筒のエンジンを搭載し、1001馬力を叩き出す。最高時速は405km/h、0-100km/h加速は2.5秒。
Scroll Right Scroll Left

今年で76回目を迎えたジュネーブモーターショー(International Motor Show in Geneva)では、メーカー各社が、映画「007シリーズ」の主人公、ジェームズ・ボンドが乗るような、強力で優雅かつ快適な乗り心地のクルマを披露していた。


Bugattiの「Veyron」は16気筒のエンジンを搭載し、1001馬力を叩き出す。最高時速は405km/h、0-100km/h加速は2.5秒。

写真提供:Wayne Cunningham/CNET Car Tech

今年で76回目を迎えたジュネーブモーターショー(International Motor Show in Geneva)では、メーカー各社が、映画「007シリーズ」の主人公、ジェームズ・ボンドが乗るような、強力で優雅かつ快適な乗り心地のクルマを披露していた。
Bugattiの「Veyron」は16気筒のエンジンを搭載し、1001馬力を叩き出す。最高時速は405km/h、0-100km/h加速は2.5秒。

-PR-企画特集