logo

フォトレポート:2008年以降に登場するウィルコムの「次世代PHS」の姿 - 4/7

永井美智子(編集部)2006年02月21日 21時11分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基地局や受信端末はウィルコム向けにカスタマイズした米Adaptix製の機器を利用した。ただし今回の端末は主にOFDMA(直交周波数分割多重アクセス)と呼ばれる高速化技術の検証をするためのもので、今後は目的に合わせて違う機器を利用する予定とのことだ。
Scroll Right Scroll Left

基地局や受信端末はウィルコム向けにカスタマイズした米Adaptix製の機器を利用した。ただし今回の端末は主にOFDMA(直交周波数分割多重アクセス)と呼ばれる高速化技術の検証をするためのもので、今後は目的に合わせて違う機器を利用する予定とのことだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]