logo

マイクロソフト、2月の月例パッチをリリース--WMFの脆弱性を含む7件の問題に対応

文:Greg Sandoval(CNET News.com)
翻訳校正:河部恭紀、尾本香里(編集部)
2006年02月15日 13時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間14日、月例パッチリリースの一環として、7件のセキュリティ情報を発表した。この情報には、「Internet Explorer(IE)」におけるWindows Meta File(WMF)の脆弱性に対する「緊急」のパッチも含まれている。

 また、Microsoftは、「Windows Media Player 7.1」の脆弱性に対する別のパッチを「緊急」と分類している。他の情報5件は「重要」と分類されている。

 IE用のアップデートは、WMFの脆弱性が発見された後、Microsoftが先週発表したセキュリティ情報を受けたものだ。対象となる脆弱性は、「Windows 2000」で稼働するIE 5.01 SP 4、「Windows Millenium Edition(ME)」で稼働するIE 5.5 SP 2に存在すると、Microsoftはセキュリティ情報で述べている。

 同脆弱性を悪用することで、影響を受けたシステムの乗っ取りが可能になる。また、Microsoftは先週、IE 6 Service Pack1へのアップグレードを推奨している。

 Windows Media Playerの脆弱性については、影響を受けるWindowsのバージョンが、公開されたセキュリティ情報にある「詳細」の「要点」に記載されている。

 Windows Media Playerの脆弱性により、カスタマイズされたWindows Media Playerに埋め込まれた悪質な画像を通して、リモートからのシステムの乗っ取りが可能になる場合がある。

 「ウェブ上にホスティングされているメディアをダウンロードするユーザーが多いことから、この脆弱性は、Microsoft Internet Explorerを通して悪用される可能性がある」と、Microsoftは声明で述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集