logo

jigブラウザがボーダフォンでも利用可能に--通話料金と併せて課金

永井美智子(編集部)2006年02月01日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯電話でPC用サイトを閲覧できるようにするフルブラウザアプリ「jigブラウザ」を開発・販売するjig.jpは、ボーダフォン向けのjigブラウザを2月1日より提供する。アプリ利用料はボーダフォンの通話料金と合算して請求される。

 jigブラウザはすでにNTTドコモ、au、ウィルコムに対応しており、今回ボーダフォン版をリリースすることですべての携帯電話事業者に対応する。

 課金にはボーダフォンが通話料金と合わせてアプリの利用料金を請求する「オープンコンテンツ情報料課金サービス」を利用する。なお、jig.jpではこれまでクレジットカード決済や電子マネーによる課金方式などを採用していたが、ボーダフォン版はオープンコンテンツ情報料課金サービスのみの課金となる。

 対応端末は903シリーズ、902シリーズ、804SH、803T、802シリーズ、703シリーズ。利用料金は月額630円で、年間契約はない。

 ボーダフォンの端末向けのフルブラウザとしては、このほかACCESSの「NetFront for Series 60 702NK edition」やOperaの「Opera mini」があるが、いずれもNokia製の702NKシリーズでしか利用できなかった。

-PR-企画特集