MS、中小企業向け技術支援プログラム「Small Business +」を発表

文:Ina Fried(CNET News.com)
翻訳校正:河部恭紀(編集部)
2006年01月24日 16時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間23日、中小企業経営者向けにウェブベースの無料トレーニングや他のリソースを提供する新しい「Small Business +」というプログラムを発表した。一連のトレーニングプログラムは、ビジネスに関連する課題やMicrosoftソフトウェアに関するチュートリアルを含むもので、ソフトウェアとして当初は「Microsoft Office」を取り上げている。Microsoftは、また、中小企業を対象とする無償および有償のオンラインテクニカルサポートも提供するという。これらの新しいサービスは同じく中小企業を対象にした発表予定のオンラインツール「Office Live」を補完するものだ。

 「中小企業経営者は技術問題ではなく本来の仕事に集中すべきだ」とMicrosoftパートナー部門中小企業ユニットゼネラルマネージャーのDoug Lelandは述べた。有料サービスは、3段階で提供される。サポート担当者とオンラインで6回までやりとりできる149ドルの「ブロンズ」レベル、1年間何度でもオンラインで相談ができる299ドルの「シルバー」サービス、無制限のオンラインサポートと3回の電話ベースのサポートサービスが受けられる499ドルの「ゴールド」サービスがある。またMicrosoftは、簡単な質問に答える無料の基本ウェブヘルプとシルバーレベルのサービスの45日間無料トライアルも提供している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加