logo

東芝、フルHD液晶デジタルチューナー搭載の新Qosmioを発表

坂本純子(編集部)2006年01月10日 22時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は1月10日、フルHD液晶(WUXGA)液晶を搭載した新ノートPC「Qosmio G30」シリーズ、インテルCentrino Duoモバイル・テクノロジを搭載した「Dynabook VX」モバイルノートPC「dynabook SS SX」シリーズを発表した。Qosmio G30とdynabook VXはインテルCentrino Duoモバイル・テクノロジに対応。デュアルコア・プロセッサを搭載している。

 「Qosmio G30」シリーズには、地上デジタルチューナーと地上アナログテレビチューナーを搭載。付属のリモコンで録画操作も行える。また、高出力の1bitデジタルアンプを搭載し、より広い音域を再生できるようになった。これまでのQosmioシリーズと同様、harman/kardonのスピーカーを採用。最上位モデルとなる「G30/596LS」には、17型ワイドのフルHD液晶(WUXGA)液晶を搭載し、地上デジタル放送のハイビジョン番組をより美しく見ることができる。

 ノートPCながらもハイスペックなAudio機能、TV機能、DVDレコーダー機能、PC機能と1台で4役。「20年間ノートPC専業で続けてきた東芝ならではの強み」(PC&ネットワーク社社長 能仲久嗣氏)と自信を見せる。リビングでは大画面TV「face」で、プライベートではQosmioで楽しんでほしいと話した。また、HD DVD搭載PCの発表についても触れ、「QosmioでHD DVDコンテンツを動かすことについて技術的な確認はとれている。春に予定しているHD DVDプレイヤーが出るのとほぼ同時に出していきたい」とした。

今回発表されたQosmio G30ラインアップ
QosmioG30の内部。デジタルチューナー、アナログチューナーともに小さい

-PR-企画特集