logo

ソニー、新動画色空間規格「xvYCC」に対応した82型フルHD液晶テレビを開発

エースラッシュ2006年01月05日 16時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月5日、動画色空間規格「xvYCC」対応の82型液晶パネルを搭載したフルスペックハイビジョン液晶テレビを、ラスベガスで開催されている「2006 インターナショナル・コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」に参考展示すると発表した。

 xvYCCは2006年1月に発行される予定の動画色空間の国際規格だ。 静止画で使われる「sYCC」規格と現在のテレビやビデオで使われている動画色空間規格を元に拡張し定義された動画での広色域色空間規格で、ディスプレイの色彩表現評価などに使われる色票「マンセル・カラー・カスケード」票で現行規格に対して1.8倍の色彩を表現可能となっている。今回参考展示する液晶テレビはこの規格に対応した世界初の製品であり、フルHDの82型という大きさも世界最大級となる。

 参考展示する液晶テレビは、xvYCC規格対応の信号処理回路を搭載し、バックライトに独立したRGBのLEDを用いたトリルミナスバックライトシステムを採用して、規格に忠実な映像表現を実現している。

-PR-企画特集