プッシュトーク対応の兄弟端末──NTTドコモ F902i / D902i

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NTTドコモ
内容:NTTドコモからリリースされた2005年冬の新端末は、おサイフケータイに「Toruca(トルカ)」という新しい機能を追加したほか、auの「Hello Messenger」に続くプッシュ・トゥ・トーク(PTT)サービス、「プッシュトーク」に対応した。シリーズの中で先陣を切ってリリースされた「F902i」と「D902i」について、プッシュトークの使い勝手を中心にレビューする。

F902i - 高級感あるセキュリティケータイ

  • セキュリティケータイのカナメ、指紋認証リーダー。

 富士通製の新しいFOMA端末、F902i。106×50mm、厚さ25mm、約131gというボディは、FOMAシリーズの中でも大柄な部類に属する。またセキュリティをウリにしてきたF端末のキャラクターも踏襲し、スライドタイプの指紋センサーがダイアルボタンの下に配置されている。Symbien OSを搭載しており、操作性に関してはこれまでのFユーザーにとってもなじみ深いモノとなっている。

 ボディカラーは鏡面加工と金属塗装のインパクトがプレミアム感を漂わせる「プラチナミラー」、少し控え目の「メタルブロンズ」、円形の模様がボディに施されたポップなカラーリングの「フェアリーラベンダー」、そして今回手元でレビューする「グロッシールージュ」の4色を揃えている。Fの端末には毎回ラインアップされていた赤系のデザインであるグロッシールージュも凝った塗装だ。穏やかながら質感の高い光沢を保っており、モノとしての満足感を引き立ててくれる。

 背面ディスプレイの窓は円くカットされており、四角が多い背面ディスプレイのデザインとは一線を画している。アナログ時計の表示もしっくりくるし、四角いディスプレイではあまり考えられなかったような、ディスプレイをはみ出すようにするアイコン表示なども斬新だ。ディスプレイの液晶部分自体は四角いカタチをしているので、カバーに隠れている部分の液晶も発光させて光の演出を加えても面白いのではないだろうか。ただこの冬の時期、液晶表示の反応がかなり遅くなる点は気になった。

  • 赤の塗装に高級感がある。

  • ヒンジを上にして立てることができる。

  • 背面液晶は円い窓でおしゃれな雰囲気と斬新な表示デザイン。

  • 左側面にはイヤホンジャック、プッシュトークボタン、miniSDスロットがある。

  • 902iシリーズの中では厚く重い部類のボディ。

  • セキュリティケータイのカナメ、指紋認証リーダー。

 大きく目立った機能の強化よりも、基本的な機能が強化されている印象を受ける。例えば画面表示。今まで個別に画像をダウンロードしてカスタマイズする必要があった待ち受け画面や背面液晶の壁紙、メニュー画面などを一括して変更する「トータルコーディネイト」機能が搭載されており、ボディカラーに合わせたテーマが用意されていて、簡単に変更・設定することが可能だ。


 このテーマの中にある「アドバンストモード」は、画面が明るくなり、文字がモリサワの明朝体「リュウミン」になり、メニューも見やすく変更される。フォントが明朝体になるだけで一気に雰囲気が変わり、その他の画面デザインも含めて高齢の方に好まれそうで、しかも見やすい、というケータイに早変わり点は見事と言うべきだろう。

 またメールに関連する機能についても進化している。漢字変換エンジンにはATOKが搭載され、話し言葉がスムーズに変換できる点、数字入力支援機能などは、文字種を変更する煩わしさを覚える普段ポケベル入力をしている僕でも、スムーズな入力を体験することができた。圏外で作成したメールを、県内に入り次第送信してくれる自動送信機能が搭載されており、特にまた地下鉄での移動中にメールを打っているときに便利だった。ただテンキーの押し心地についてはあまり良くなかった。ボタンが浅くて固めであり、テンキー側の厚みがあるため、長く片手で端末を持ってタイピングするのは苦労しそうだ。

 今や当然の進化すべき項目として位置づけられているカメラや音楽機能の充実。カメラについては、記録400万画素オートフォーカスCCDとこれまでの10倍の明るさを誇るモバイルライトを組み合わせてきた。また静止画3〜4枚から1枚のパノラマ写真を合成することができる機能は、高画素化の次にカメラをどのように使うか、と言う提案を伴っている新たな方向性だ。またダイアルの「1」ボタンを長押しすることですぐに起動できるミュージックプレーヤー機能も手軽で嬉しい。

 今までFのケータイを使ってきたユーザーにとっては、その正常進化系として質感も含めて満足できる端末に仕上がっていると思う。またウリであるセキュリティ機能を使うため、あるいは今までのケータイの文字が読みにくくてメールを打つのが面倒だった、と言うユーザーにもオススメしたい端末だ。ただ今回リリースされる902iシリーズの中では重い部類に入るので、その点はご留意を。

  • 端末全体のアートワークデザインを一括して変更するトータルコーディネイト。

  • トータルコーディネイトで背面液晶のデザインも変わる。

  • 自動更新に対応したチャットメール画面。

  • 指紋認証の読み取り速度はとてもスピーディ。

カメラ作例

F902iカメラ作例: 光量が足りないとディテールが甘くなる。
F902iカメラ作例: 空の明るさがうまく再現できているが、細かい輪郭がノイジー。
F902iカメラ作例: やや朱色が買った赤の処理になっている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加