総務省、ブログとSNSのビジネス事例136件を公表

別井貴志(編集部)2005年12月22日 19時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 総務省は12月22日、企業におけるビジネスブログとビジネスSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の活用事例を公表した。これは、ブログやSNSの活用を促進させるため、他の企業の参考となるような事例や取り組みを、総務省が11月16日から12月15日まで募集した結果だ。

 応募の結果、総事例数は136件(複数項目に分類した事例あり)、総企業数は125社だった。ビジネスブログの事例は119件あり、そのうち社内利用が11件、社外向けが110件あった。また、ビジネスSNSの事例は23件とブログに比べて少なかった。そのうち、社内利用が3件、社外向けが20件あった。

 応募企業を従業員数の規模別で見ると、応募総企業数125社のうち、49社が従業員数5人以下の企業でもっとも多かった。さらに、6人以上10人以下の企業が18社、11人以上50人以下の企業が22社と、50人以下の企業からの応募が全体の7割を超え、比較的規模の小さい企業からの応募が多かったといえる。

 集まった各企業の取り組みや事例は、特色などをまとめ次第、総務省のサイトで正式に公開する予定だが、すでに総務省の報道資料のサイトでは、すべての個別企業の事例がPDFで閲覧可能になっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加