logo

KCCSとパワードコム、モバイルアクセスサービスでライブドアと協業

ニューズフロント2005年12月13日 17時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は12月13日、法人向けの統合認証サービス「NET BUREAU」およびモバイルアクセスサービス「KWINS」のオプションメニューとして、ライブドアの公衆無線LANサービス「livedoor Wireless」を選択可能とした。税込み月額料金は、1ID当たり525円。KCCSでは、1年間で1億円の販売を目指す。

 livedoor Wirelessは、「東京の山手線圏内約8割で利用可能なサービス」(KCCS)。IEEE 802.11b/gに対応しており、IEEE 802.11gで接続すると最大54Mbpsで通信できる。今後、東京23区内や首都圏にも順次サービスエリアを広げる予定という。これまでKCCSがローミングしていた公衆無線LANのアクセスポイントは約4000カ所だが、livedoor Wirelessに対応したことで約6000カ所以上となる。

 また、パワードコムは同日、KCCSとの協業で提供中のモバイルアクセスサービス「Powered Ethernet/PENeXゲートウェイモバイル[KWINS]プラン」において、オプションサービス「公衆無線LAN利用サービス」の接続先にlivedoor Wirelessを追加した。

 これまで公衆無線LAN利用サービスでは、「BBモバイルポイント」「無線LAN倶楽部」「FREESPOT」「公衆無線LANインターネットプロジェクト」の4ブランドが選択できたが、今後は新たにlivedoor Wirelessも利用可能となる。

-PR-企画特集