オープンソースの仮想ソフト「Xen」の新バージョンが登場

Martin LaMonica(CNET News.com)2005年12月06日 11時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 XenSourceは米国時間5日、同社のオープンソース仮想化ソフトウェア「Xen」の第3版をリリースした。新版では、企業顧客向けの機能強化が図られている。

 Xenは、複数のオペレーティングシステム(OS)がプロセッサやメモリなどのコンピュータリソースにアクセスする方法を制御するソフトウェアで、こうした製品は「Hypervisor」と称されている。仮想化ソフトウェアは、異なるOSを利用している複数のアプリケーションを1台のマシンで稼働させるためにしばしば用いられている。

 XenSourceは、Xenの開発に当たるオープンソース開発コミュニティを率い、関連製品およびサービスを販売している企業。

 Xenのバージョン3は、最大32基のプロセッサを搭載する大規模なマルチプロセッササーバ上での動作が可能になり、プロセッサのホットプラグにも対応した。これにより管理者は、異なるCPU間のコンピューティング負荷を均一化することができるようになる。

 同新バージョンには、仮想化技術を実装したIntelチップ上で稼働する機能が備わっている。XenSourceは、2006年初頭にもAMD製「Pacifica」の仮想化技術に対応する意向だと述べている。

 今回はXenの新版に加え、仮想マシンの大規模導入を統括する管理者用ツール、「XenOptimizer」もリリースされた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加