logo

スパンション、IPO計画を発表--5億6100万ドルの調達を目指す

Michael Singer(CNET News.com)2005年11月07日 18時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フラッシュメモリメーカーSpansionは米国時間11月4日、新規株式公開(IPO)を実施し、3530万株を公開する計画であることを明らかにした。

 Advanced Micro Devices(AMD)と富士通の合弁会社であるSpansionは、クラスA株式の公開価格を1株あたり16〜18ドルにする予定だという。AMDと富士通は現在、Spansionに出資する唯一の企業であり、Spansion製品を独占的に販売している。

 Spansionによると、同社の株は4クラスに分類されるという。AMDは、クラスA株を4240万株、そして、発行済みのクラスB株をすべて所有する。IPO後にAMDは、Spansionの発行済み株式の約40%を所有することになる。

 富士通は、Spansionのすべての発行済みクラスC株およびクラスD普通株を所有する。同社は、全発行済み株式の約26.7%を所有する計画だ。

 Spansionは、IPOで5億6100万ドル、転換優先株の発行で1億9300万ドルを調達できるものと見込んでいる。

 同社は、調達資金を運転資金や設備投資、および一般的な業務目的に使用する予定だと述べている。

 Spansion株は、「SPSN」のティッカーシンボルで、Nasdaqで取り引きされる予定。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集