logo

NTTドコモ、ドコモ中国の支払先情報の入ったハードディスクを紛失

エースラッシュ2005年11月04日 21時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは11月4日、NTTドコモ中国が経理業務の一部を委託しているドコモサービス中国において、支払い先の口座情報が含まれた外付け型ハードディスクを紛失したことを発表した。

 ドコモサービス中国では、10月26日の段階でハードディスクの紛失に気づき捜索を開始。28日にはNTTドコモ中国に対して紛失の連絡があったという。その後も捜索を続けたが発見されず、11月2日に広島中央警察署に紛失届けを提出した。

 紛失したハードディスクに含まれているのは、NTTドコモ中国およびドコモグループ全社で使用する顧客情報および従業員情報だ。内訳は加入契約者(料金返還など)が2805件、基地局などの地権者が1万7372件、取引先が10万9010件、従業員が5595件の、合計13万4782件。これらの取引先名と銀行コード、口座番号、口座名義などが含まれている。また加入契約者情報として法人名義の顧客の住所、携帯電話番号、連絡先電話番号が30件含まれている。

 この件に関しての問い合わせは、専用コールセンター(0120-537-521)が設けられ、土日祝を含む9時から20時の間で対応される。

-PR-企画特集