logo

世界最小の「ナノカー」--米ライス大学が開発

Michael Kanellos(CNET News.com)2005年10月24日 14時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米ライス大学の研究者らが、究極のハイテクカーを開発した。比較的少ない数の炭素原子でできたこの車両は、硬い金でできた道の上を走行する。

 同大学では、まもなく発行される学会誌「Nano Letters」で、このナノカーに関する論文を発表することになっている。このナノカーは、実際には車両のような振る舞いをする複雑な分子で、車輪で走り、電界や他の手段を使って方向を変えることも可能だ。

 このナノカーは薄い金箔の上を走行するが、それとは別に荷物を運べるナノトラックも存在する。また、将来登場するナノカーはフォトンを動力にしたエンジンで進むようになるほか、いくつかの分子の貨車でできた一種のナノ列車も登場することになっている。

 8年がかりで開発されたこれらの車両は、長さが数ナノメートルしかなく人間のDNAよりも薄い(1ナノメートルは10億分の1メートルに相当する。なお人間の毛髪の太さは約8万ナノメートル)。

 「われわれは、Mini Cooperのようなナノカーもつくった。これの大きさは縦横とも2ナノメートルだ。また6輪のバージョンもある」と、同大学で化学、機械工学、素材化学、コンピュータ科学を教えるJames Tour教授は述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集