logo

電柱だけでなくIT自販機も利用--livedoor Wirelessのアクセスポイント拡大策

別井貴志(編集部)2005年09月28日 21時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブロードバンドタワーとホーキング、ライブドアの3社は9月28日、自動販売機を利用して公衆無線LANサービス「livedoor Wireless」の無線LANアクセスポイントを、ビルなどの屋内施設へ協力して設置することで合意した。第一次目標としては数千〜1万台規模の自動販売機を設置するが、具体的な場所や時期は検討中だ。

 ライブドアは、ホーキング傘下の自動販売機オペレータが全国で所有する約112万台の自動販売機を利用し、自動販売機にブロードバンド回線とアクセスポイントを設置することで、オフィスビルや商業施設内でのサービス展開を推進する。自動販売機の設置交渉や営業はホーキングと傘下のオペレータが行う。これにより、現在進めている電柱を利用した屋外向け接続サービスに加えて、駅やホテルのロビー、ショッピングセンターなどでもlivedoor Wirelessを利用できるようにする。

 設置する自動販売機は液晶画面が付いた「メディアベンダー」で、ブロードバンド回線を利用して動画コンテンツや情報をリアルタイムに発信できる特徴がある。ブロードバンドタワーは、独自の動画コンテンツや飲料水メーカーの広告、商業施設などの動画による店舗広告、最新ニュース、災害情報などを独占的に配信する。

050928_livedoorw.jpg

-PR-企画特集