logo

ソニー、テレビ事業巻き返しへ新薄型テレビBRAVIAシリーズを発表

坂本純子(編集部)2005年09月15日 12時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは、1920×1080のフルスペックハイビジョンパネルを搭載した液晶テレビBRAVIAシリーズなど4機種を発表した。また、同時にソニーの新製品を一様に集めた展示会も開催した。

 これまでテレビ「WEGA」ブランドで展開をしてきたソニーだが、新たに画質・薄型テレビの新ブランド「BRAVIA」を発表した。“BRAVIA”は、「Best Resolution Audio Visual Integrated Architecture」の頭文字をとったもの。

 大画面液晶テレビX/V/Sの3シリーズ6機種、液晶プロジェクションテレビ Eシリーズ2機種を発売した。いずれもサムスン電子とソニーの合弁会社S-LCDによる「ソニーパネル」を使用。このパネルは、視野角を上下左右178度、コントラスト比1300:1、パネル応答速度8msec(1000分の8秒)とこれまでの液晶テレビの弱点を改善したもので、「コスト的に競争力のあるパネル」(ソニー 代表執行役 副社長 ホームエレクトロニクスネットワークカンパニー プレジデント 井原勝美氏)と自信を見せる。

050914_sony.jpg
ソニーはBRAVIAで不振のテレビ事業の巻き返しを図る

 BRAVIA Xシリーズは、デジタルハイビジョン放送(1080i)の解像度をそのまま再現できるフルスペックハイビジョンパネル(1920×1080)を搭載しているのが特徴だ。46型(市場想定価格 65万円前後)と40型(同 55万円前後)の2モデル。11月20日より発売予定だ。

 BRAVIA Vシリーズは、クール&モダンがデザインコンセプトで、40型(同 43万円前後)と32型(同31万円前後)の2モデル。10月20日より発売予定だ。置きやすい省スペースを追求したBRAVIA Sシリーズは、40型(同 41万円前後)と32型(同 29万円前後)の2モデルだ。10月1日より発売予定。

 さらに、従来のプロジェクションテレビで問題とされてきた、大きさや色味などを改善した液晶プロジェクションテレビEシリーズも発表。50型(同 40万円前後)と42型(同33万円前後)を10月20日より発売予定だ。

-PR-企画特集