logo

マイクロソフト、「Windows Mobile 5.0日本語版」を開発者向けに提供開始

ニューズフロント2005年08月23日 18時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは8月23日、携帯端末向けOSの新版「Microsoft Windows Mobile 5.0 日本語版」を開発者向けに提供開始した。同社は、9月2日に東京国際フォーラムで開催されるPDA・モバイルソリューションフェア2005に、同OS搭載デバイスを出展する予定だ。

 Windows Mobile 5.0は、旧版「Windows Mobile 2003 Second Edition software for Pocket PC日本語版」に比べ、業務生産性の向上、マルチメディア機能の充実、カスタマイズ性の向上を図った。前バージョンからの変更点は以下のとおり。

1.業務生産性の向上

  • 不揮発性メモリを採用したので、バッテリーが切れてもデータや設定情報を失わない
  • 「Excel Mobile」でグラフ作成や、「Word Mobile」で画像入り文書の表示が可能となり、PC向けOffice製品との親和性が向上した。また、「PowerPoint Mobile」を搭載
  • Microsoft Trustworthy Computingのセキュリティ審査に合格したほか、米国政府の規定するセキュリティ規準FIPS-140-2認定を取得

2.マルチメディア機能の充実

  • メディアプレイヤーソフト「Windows Media Player 10 Mobile」を搭載し、各種コンテンツの再生や管理が行いやすくなった。デジタル著作権管理(DRM)機能の追加も可能
  • 画像やビデオ関連のメニュー拡張および機能追加用のAPIを提供
  • ハードディスクおよびUSB 2.0対応により、大容量のデジタルコンテンツをPCと高速に同期可能

3.カスタマイズ性の向上

  • ソフトキー搭載、横長表示、QWERTYキーボード対応など、片手で操作可能
  • ソフトは、「Visual Studio 2005 Beta2」のツールなどで開発可能

 また、同社は同OSに企業向け機能を付加するパッケージ「Messaging and Security Feature Pack for Windows Mobile 5.0(MSFP)」を2005年中に提供開始する予定だ。MSFPによりExchange Serverとの直接同期などが可能となる。

-PR-企画特集