logo

LG電子とノーテル、通信およびネットワーク分野の合弁会社設立

エースラッシュ2005年08月19日 18時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 韓国のLG電子と加Nortel Networksは米国時間の8月17日、合弁会社の設立に向けた正式契約に調印したことを明らかにした。合弁会社の名称はLG-Nortel(仮称)。出資比率はNortel Networksが50%+1株、LG電子が50%−1株である。

 G-NortelのCEOにはLG電子副社長のイ・ジェリョン氏を、総運営責任者(COO)にはNortel Networksのポール・ハウス(Paul House)氏をそれぞれ選任する。合弁会社設立時にLG電子はNortel Networksから1億4500万ドルを受け取るほか、合弁会社の2年間の成果によっては追加金額を受け取る。

 LG-Nortelの事業内容は、LG電子のネットワーク事業とNortel Networksの韓国での販売・サービス事業を統合した事業となる。2004年におけるLG電子のネットワーク事業部門とNortel Networksの韓国内市場事業部門の総売上額を合計すると、約6000億ウォン(約6兆円)に相当する。

 韓国ソウルで実施した契約締結式では、LG電子の副会長兼CEO(最高経営責任者)であるキム・サンス氏と、Nortel Networksの副会長兼CEOのビル・オーエンス(Bill Owens)氏が参席し、調印した。

Nortel

LG電子

-PR-企画特集