logo

IBM、Firefoxに身体障害者支援用のコードを寄贈

Dinesh C. Sharma(CNET News.com)2005年08月17日 22時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間15日、ウェブブラウザ「Firefox」を開発するMozilla Foundationに約5万行のコードを寄付すると発表した。視覚障害や運動障害をもつ人たちにとって、使いやすいブラウザを開発することに役立ててもらいたいと、同社はいう。

 今回寄贈したコードを使って、MozillaはFirefoxバージョン1.5にDHTMLアクセシビリティ技術を実装することが可能になると、IBMは述べる。この技術を利用すると、ユーザーがキーボード操作で、ウェブページを拡大表示したり、ナビゲーションを行ったり、音声の説明を受けたりできるようなる。

 また、開発者は障害を持つ人や高齢者のための「リッチインターネットアプリケーション」の開発に取り組むことが可能になる。こうしたアプリケーションは、ユーザーが自分のPCに追加プログラムをインストールしなくても実行できるというもの。

 これまでもIBMは、コンテンツを読み上げるスクリーンリーダーなど、アクセス技術の業界標準であるMicrosoft Active AccessibilityにFirefoxが対応するのを支援している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]