logo

NTTコム、暗号・複合化が簡単な「OCN暗号メールサービス」

エースラッシュ2005年08月08日 19時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は8月8日、電子メールの本文と添付ファイルの暗号化を行い、電子署名を付与するサービス「OCN暗号メールサービス」を開始し、申し込み受付を8月11日より開始すると発表した。

 このサービスは、電子メールの本文と添付ファイルをIBE(Identity Based Encriptio)方式により暗号化して電子署名を付与することで、第三者による盗聴やなりすまし、誤送信による情報漏洩などのリスクを回避する。IBE方式とは公開鍵方式の一種で、公開鍵をユーザーのIDやメールアドレスなどに関連付けられる方式で、VoltageSecurity社のセキュリティプラットフォームにより実現している。

 具体的には、送信相手のメールアドレスを元に暗号化を行い、受信した側はOCNサーバから鍵を自動的に取得して復号化する。そのため、利用者は鍵を意識することなく、メールの送受信ができるうえ、鍵やパスワードを相互に通知する必要もない。

 また、電子証明書の取得や電子証明書の有効期限を管理しなくてもいいので、管理者の手間も軽減される。さらに、メールだけではなくPC内のファイルを暗号化することも可能だ。

 OCN暗号メールサービスは、利用するプロバイダに関わらず、誰でも利用できる。OCN常時接続サービスとOCNホスティングサービスの契約者はオプションとして提供される。メールクライアントのプラグインとして提供され、対応するクライアントはMicrosoft Outlook 2002(SP3推奨)/2003(SP1推奨)、OutlookExpress5.5以降(6.0推奨)となっている。プラグインをインストールすれば、送信側は「送信」ボタンの代わりに「暗号送信」ボタンを押すと暗号化したうえで送信され、受信側は受信メールをクリックするだけで復号化される。

 初期費用は基本工事料が税込み1050円、サーバ工事料が新規申し込みの場合で税込み3150円と、合計4200円かかる。月額利用料金は、利用するメールアドレスの数で変わり、5アドレスまでで税込み1575円から。

OCN 暗号メールサービス

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ

-PR-企画特集