クリエイティブ、次世代型プレイヤー「Zen Vision」を発売--動画再生でiPodを先制

Michael Singer(CNET News.com)2005年08月04日 19時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple ComputerによるiPodの大成功にあやかろうと、Creative Technologiesは次世代型の音楽/ビデオプレイヤー「Zen Vision」の受注を開始した。

 Zen Visionは、30Gバイトのハードディスクと3.7インチのカラースクリーンを搭載し、120時間分の動画や、1万5000曲程度までの楽曲を保存することができるという。同製品はまず、米国と欧州で先行発売される。

 Zen Visionは、Appleが販売するiPod photoの60Gバイトモデルと比べ、ひと回り大きく、やや重い。黒か白の2色のモデルが提供され、価格は399.99ドル。最初は、オンラインでのみ販売される。

 Microsoftの会長Bill Gatesが、AppleのiPodに対抗する手段として、Creativeのような会社と協力したいと発言したことから、Creativeの株価は先週、急上昇した。

 Creativeは来週、第4四半期の決算発表を行う予定だ。同社の幹部は6月、アナリストらに対し、第4四半期決算は赤字になるだろうとの予測を示した。その際、幹部らは、需要が落ち込んだことと、他のMP3プレイヤーとの競争が激化したことを、業績不振の理由として挙げていた。

 iPodに対抗するためのキャンペーン活動に膨大な資金をつぎ込んできた同社は、動画再生のような、iPodがまだ手掛けていない機能を製品に取り入れることで、ユーザーにアピールしようとしている。

 「Zen Visionは、TiVoToGoに対応するほか、DivXをはじめとする様々なビデオフォーマットをサポートしている」と同社は声明のなかで述べている。

 Zen VisionはNapsterやMSN Music、Music Nowのような音楽サービスからの楽曲ダウンロードにも対応している。また同プレイヤーで、Yahoo Music UnlimitedやNapster to Goのようなサブスクリプション形式のサービスも利用できるという。Creativeによると、同プレイヤーはFMラジオを内臓し、32のラジオ局がプリセットされているという。また、放送の録音機能も備える。

 Zen Visionには、PC接続用のUSBケーブルが付属している。またドッキングステーションを利用することも可能だ。

(写真提供:Creative Technologies)

(写真提供:Creative Technologies)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加