アタリ創業者のN・ブッシュネル、今度は「大人のためのレストラン」を計画

Daniel Terdiman(CNET News.com)2005年07月28日 13時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Atariの創業者で、ビデオゲームの父と称されるNolan Bushnellが開業したレストランチェーンChuck E. Cheese'sは、小学生向けのエンターテインメントと食事を組み合わせて提供するという発想をもとに、事業を展開してきた。Bushnellがその次に目を付けたのは、20代の大人向けエンターテインメントだ。

 同氏は今秋、Chuck E. Cheese'sチェーンの大人向けバージョンとなるuWink Media Bistroを開業する予定だ。Bushnellは、uWinkを通じて、金銭的なゆとりがあり、刺激を求める大人向けに、美味しい食事と革新的な技術を駆使したエンターテインメントを提供するという。

 同氏は、uWinkに卓上型のゲームシステムを導入し、来店客が友人とゲームを競ったり、チームを組んでほかの来店客と対戦したりできるようにする予定だ。

 レストランチェーンとして生き残るためには、美味しい料理を提供する必要もある。uWinkは米国時間27日、この道24年のベテランJohn Kaufmanの採用を発表する予定だ。Kaufmanは、California Pizza KitchenやKoo-Koo-Rooなどを成功に導いた人物として知られる。

 Bushnellは、まずロサンゼルスにuWinkの1号店をオープンする。同氏はその後、同チェーンを全米に展開したいと考えている。

 「Nolan Bushnellのようなあこがれの人物と知り合い、一緒に働くことができるなんて、このチャンスを逃す手はない。われわれは今、これまで誰もチャレンジしたことのない事業に挑んでいる」(Kaufman)

 Kaufmanは、こう意気込みを見せるが、レストランチェーンなら他にいくらでもあることも事実だ。Bushnellは、uWinkを特徴付け、顧客を呼び込むのは、他に類を見ないエンターテイメントだと語る。友人と一緒にゲームを楽しめる場を大人に提供することで店の特徴を出したいというのが、同氏の考えだ。

 「新種のエンターテイメントは、どんな時代でも人々から受け入れられる。出会いの場所が少ないエリアでは特にそうだ。若者たちは今、社交の場を求めている」(Bushnell)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加