logo

アップル、Mac miniを刷新--無線LAN内蔵やDVD作成モデルも登場

永井美智子(編集部)2005年07月26日 23時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルコンピュータは7月26日、小型デスクトップPCの「Mac mini」シリーズを刷新したと発表した。メモリ容量を512Mバイトに増量したほか、無線LANとBluetoothを内蔵したモデルや、DVDの作成ができるSuperDriveを搭載したモデルを新たに投入する。

 価格は1.25GHz PowerPC G4プロセッサを搭載した基本モデルが5万8800円、1.42GHzプロセッサを搭載し、無線LANに接続するAirMac ExtremeとBluetoothに対応したモデルが6万9800円、SuperDrive搭載モデルが8万1800円となっている。なお、AirMac ExtremeはIEEE 802.11gに対応する。

 大きさはいずれも高さ約5cm、重さ約1.3kg。1基のFireWire 400ポートと2基のUSB 2.0ポートが付いており、iPodやデジタルカメラ、プリンタなどと接続できる。VGAをサポートするDVIインターフェイスが付いているため、様々なLCDまたはCRTディスプレイに接続できる。

 ソフトウェアとしては、写真編集ソフトのiPhoto、動画編集ソフトのiMovie、DVD作成ソフトのiDVD、楽曲編集ソフトのGarageBand、楽曲管理ソフトのiTunesを含む統合ソフトウェアパッケージのiLife '05が付属する。OSはMac OS Xバージョン10.4のTigerが搭載されている。

-PR-企画特集