logo

マイクロソフト対アドビ--決戦の秒読み開始か - (page 2)

Paul Festa(CNET News.com)2005年06月21日 12時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの経営陣は、Adobeとの競争関係を「協争(coopetition)」と呼んで、あまり深刻には受け止めていないようにみせている。データベースメーカーのOracleから、消費者/小規模企業向け財務ソフトウェアのリーダーIntuitまで、Microsoftは何年も前から多数の企業との間で競争と提携を繰り返してきた。Macromediaと合併するAdobeについても同様で、MicrosoftのJohn Montgomery(デベロッパー事業部製品管理ディレクター)は、「両社の製品が重複する部分はいくつかある。だが同時に、AdobeとMacromediaはわれわれの重要なパートナーでもある」と述べている。

 AdobeがMacromediaの買収を完了すると仮定した場合、合併後の会社は以下の3つの製品分野でMicrosoftと競合することになる。

 画像編集では、密接に統合されたPhotoshopとIllustratorの両アプリケーションでAdobeが市場をリードしている。それに対し、Microsoftは先週、Acrylicのテスト版をリリースした。これは、ベクトル/ピクセルベースの画像作成/編集ソフトウェアだが、Montgomeryはこれらの製品が直接競合することはないとしている。

 電子文書については、AdobeがPDF(Portable Document Format)で市場を独占している。同社が「Intelligent Document Platform」の核だとするPDFは、さまざまな業界で標準と見なされており、政府や大企業でも広く普及している(ただしAdobeは、PDFに関する公開情報のなかで、MicrosoftのWord、Excel、PowerPointの各アプリケーションは、どれもボタン1つでPDFファイルを生成できるとしている)。

 Microsoftは先月、遅れながらも登場が近づきつつあるLonghornの機能についてデモを行い、そのなかで「Metro」と呼ばれるPDFの対抗技術を公開した。

 ウェブアプリケーションのプラットフォームとなる技術については、MacromediaのFlashと比較的最近登場したFlexサーバソフトが、エンタープライズ分野へ食い込み始めている。一方、Microsoftが新OSへのアップグレードにかなりてこずっているとの証拠が出続けるなかで、人々はLonghornの登場を待ち望んでいる。

 Longhornの開発が遅れがちなことに加え、Acrylicはまだテスト版で開発者の間での評判もまちまちといった状態にある。さらにMetroの先行きもLonghorn次第といういまの状況で、AdobeとMacromediaにはかなり余裕があると見る意見が多い。Adobeが最近アップグレードした「Creative Suite 2」の一部であるIllustrator とPhotoshopは、当面安泰と見なされている。

 「Adobeの両製品を使うプロのクリエイターを乗り換えさせるのは、とくにCreative Suite 2で先進機能が提供された現時点では、かなり困難だとわれわれには思える」とMerill Lynchの証券アナリスト、Jay Vleeschhouwerは先週公表したレポートに記している。

 ただし、Adobeの先行きに対する懸念があることも確かで、MicrosoftがAcrylicをリリースした後にAdobeの株価が下がったのは、その証拠といえる。そして、 Microsoftの製品の質よりもむしろ、AdobeがMicrosoftを挑発し、競争心に火を付けててしまったという事実のほうが、同社の先行きを大きく左右している。

 Heinによると、Microsoftは製品や技術で競争するのではなく、特定の会社がどのような競争上の脅威を及ぼすかについて1社ごとに見ているという。

 「Microsoftは、脅威となる競合他社に狙いを定める。AdobeとMacromediaが1つになれば、それぞれが別の状態にあった時よりも、Microsoftにとって手ごわい競争相手になる。そして、MicrosoftはOSとの統合性が高いフリーのソフトウェアを提供することで、Adobeに対抗しようとするだろう。Microsoftの発表やトライアルバージョンの公開は、いずれもAdobe(の製品)に取って代わるものにはならないだろう。だが、AdobeがMicrosoftのレーダーのなかで非常に目立つ存在になっていることは明らかだ」(Hein)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]