logo

マイクロソフトの古川氏が退任--「充電とリフレッシュが必要だ」

藤本京子(編集部)2005年06月10日 11時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは6月10日、現執行役 最高技術責任者 兼 米Microsoft バイスプレジデントの古川享氏が、6月30日付で全ての役職を退任し、同社を退職すると発表した。

 古川氏は、1986年のマイクロソフト日本法人設立と同時に初代代表取締役社長に就任、1991年から2000年4月までは代表取締役会長を務めた。2000年5月に米国本社のコンシューマ戦略担当 バイスプレジデントとなり、2002年にはアドバンスト・ストラテジ&ポリシー担当 バイスプレジデントに就任、活動の拠点を米国に移した。2004年2月より再度日本に活動の拠点を戻し、現職に就いていた。

マイクロソフトを退任する古川享氏(CEATEC JAPAN 2004の講演にて)

 古川氏退任の理由についてマイクロソフト広報部では「同氏のマイクロソフトとの関わりは、(同氏がアスキーに在籍していた時代も含め)25年となる。マイクロソフトも大企業となったので、これをひとくぎりとして組織を離れ、新たなチャレンジをしたいという本人の希望によるもの」としている。

 IT企業の経営陣の人事としては、5月31日に日本ヒューレット・パッカードの元 代表取締役社長 樋口泰行氏が退任し、ダイエーの代表取締役社長 兼 COOに就任したことが注目を集めた。古川氏の今後については「充電とリフレッシュが必要だとしており、特に決まっていないもよう」(広報部)としている。

-PR-企画特集