タブレットThinkPadの国内発売は7月6日--価格は20万円台に

永井美智子(編集部)2005年06月08日 17時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レノボ・ジャパンは6月8日、日本におけるタブレットPC「ThinkPad X41 Tablet」の発売日が7月6日になると発表した。価格は20万円台になる見込みという。

 ThinkPad X41 TabletはIBMの大和事業所を中心に開発された。同社のPC事業がLenovoに売却された後、Lenovoが初めて発表したPCとなる。これまでのThinkPadと同様に、ビジネスパーソンを主なターゲットとする。

「ThinkPad X41 Tablet」。ディスプレイを180度回転でき(上)、タブレットPCとして使える(下)

 通常のB5型ノートPCとしても利用できるが、液晶画面を180度回転させるとタブレットPCになる。電磁誘導方式のワコム製スタイラスペンを利用して操作するため、指で画面を触っても誤作動することがない。「タブレットとして利用するほか、画面を180度回転できるので、営業時に画面を顧客に向けながら説明するといった使い方もできる」とレノボ・ジャパンBrand & Marketing執行役員の荒川朋美氏は話す。

 左右どちらの方向に指をなぞっても認識する双方向指紋センサーを搭載した。指紋センサーはThinkPad X41でも搭載されており、「これまでのThinkPadで守ってきたものは、これからもずっと守っていく」(荒川氏)とした。

 PCが落下した際にHDDのヘッドをずらすことで、ディスク表面に傷が付かないようにしてデータを保護する「ハードディスク・アクティブプロテクション・システム」や、 PCのボタンを押すだけで以前のデータや設定を復元できる「IBM Rescue and Recovery」も備える。

 そのほかの主な仕様は以下の通り。

  • 大きさ:幅274mm×奥行き266mm×高さ29〜32mm
  • 重さ:1.87kg(スタイラスペンを除く)
  • ディスプレイ:12.1型XGA TFT液晶
  • CPU:インテルPentium Mプロセッサ低電圧版758
  • 動作周波数:1.50GHz
  • メモリ:512Mバイト(最大1536Mバイト)
  • HDD:40Gバイト
  • 無線機能:IEEE802.11b/g対応
  • 標準OS:Microsoft Windows XP Tablet PC Edition 2005
  • 連続駆動時間:6.1時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加