NTTドコモ、FOMA通信モジュールで自販機の在庫やタクシーの運行管理

エースラッシュ2005年06月01日 19時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは6月1日、自動販売機など各種機器に組み込んで利用できる無線パケット通信モジュール「FOMA ユビキタスモジュール」の開発を始めたと発表した。

 同社では現在「DoPa ユビキタスモジュール」を提供しているが、今回のは同様に小型形状でFOMA網を利用するというものだ。FOMAプラスエリア対応で、上り最大64kbps、下り最大384kbpsのベストエフォート型となる。外観は約37mm×約35.7mm、厚さ約5mm。利用メーカーは製造の段階で各機器に組み込むことが可能だ。

 利用イメージとして同社では、自動販売機の在庫管理やタクシー等の車両運行管理、小型情報端末による業務支援等を挙げている。今後さまざまな分野のメーカーに提案を行うとともに、導入に向けてのバックアップを図る予定だ。

NTTドコモ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加