アプリックスとドコモ、FOMA向けDoJa/Javaプラットフォームを共同開発

エースラッシュ2005年04月13日 17時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アプリックスは4月13日、NTTドコモとFOMA向けDoJa/Javaプラットフォームを共同開発することで合意したと発表した。

 DoJaはNTTドコモのiアプリ用Java仕様の総称で、両社は2004年8月から共同でDoJa/Javaプラットフォームの試作開発を行ってきた。性能の向上および、プラットフォーム統一化による携帯電話メーカーの開発工数削減の可能性の評価を行った結果、共同開発に至ったという。

 このプラットフォームを利用することで、携帯メーカーごと、機種ごとの独自機能を実現することが可能となる。

 アプリックスは2005年5月に横須賀リサーチパーク内に開発拠点「YRP開発センター」を開設し、6月下旬の完了を目標に同プラットフォームの開発を行う予定だ。

アプリックス
NTTドコモ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加