デスクトップPC 低価格競争が再び激化!? 「Mac mini」が火付け役に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これまで、低価格帯のデスクトップPCと言えば、ショップブランドPCやデルをはじめとしたBTOメーカー、そしてソーテックなどの格安路線を前面に打ち出したメーカーが常に主導権を握っていた。しかし、ここに来てアップルが5万8590円という“超”低価格のデスクトップPC「Mac mini」を投入し、大きな話題をふりまくなど、その競争にちょっとした異変が起きはじめている。アップルだけでなく、NECもそのラインアップを拡大しつつあり、デスクトップPCの低価格競争が再び激化する可能性もでてきた。

 NECでは、主軸のVALUESTARシリーズとは全く異なるシンプル・低価格路線の新シリーズ「ValueOneシリーズ」をラインアップ。シリーズの上位機種である「MT400/1A」が店頭価格7万円台中盤、下位機種の「MT200/1A」については6万円台中盤と、激安路線の他メーカーと真っ向から張り合う低価格路線をとっており、この市場での同社の意気込みがうかがえる。「BCNランキング」2月2週から、平均単価8万円未満のデスクトップPC販売台数シェアトップ20をみると、早くも9位に「MT200/1A」がランクインしている(表)。

 また、この分野のパイオニアであり低価格PCで世界シェアトップのデルは、最小構成で5万円台というビジネス向けデスクトップ「OptiPlex 170L」を用意。シェア世界2位のHPも同様のビジネス向けタイプのデスクトップ機「HP Compaq Business Desktop dc5000 SF」を6万8040円という価格で発売するなど、海外資本のBTOメーカーも低価格機種により一層の力を注いでいる。

【図表と記事詳細はこちら】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加