logo

シスコシステムズ、サービス拡充を目指し研究開発センターを開設

エースラッシュ2005年02月17日 17時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シスコシステムズは2月17日、国内におけるサービス拡充を目的として東京都新宿区に研究開発センター(JDC:Japan Development Centre)を開設したと発表した。

 今回開設されたJDCは、次世代インターネット技術全般の研究開発を行う施設だ。ルーティングテクノロジーを主として、IPv6やマルチキャスト、モバイルIPといった最先端のインターネットテクノロジーに対する取り組みが展開される。また、既存のセキュリティ技術やサービス品質(QoSテクノロジー)の改良も実施予定となっている。

 JDCのセンター長は、シスコシステムズ IPコアテクノロジーグループ 副社長のジョン・ハーパー氏が兼任。当初10人のエンジニアを雇用する予定。

 そのほか、JDCでは東京大学大学院 情報理工学系研究科 助教授の江崎浩氏を中心にアドバイザリーボードを設置、産官学との連携を図りながら市場ニーズに適合したテクノロジーや製品、ソリューションの研究開発を続けていくという。

シスコシステムズ

-PR-企画特集