ソニー、画像関連LSIなどの生産体制強化に向け600億円を投資

ニューズフロント2004年12月21日 14時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは12月21日、グループ内の半導体生産体制の強化に向け、2005年度および2006年度に合計約600億円規模の投資を行うと発表した。ソニーセミコンダクタ九州の国分テクノロジーセンター(国分TEC)と熊本テクノロジーセンター(熊本TEC)で、2005年5月に新棟の建設を開始し、生産設備を拡張する。

 国分TECでは、約100億円かけて新棟を建設(生産設備分は除く)し、クリーンルームを約5000平方メートル増床する。増設ラインでは、反射型液晶プロジェクション用LSIのSXRDや、液晶テレビ向け液晶ドライバICなどの生産を、2006年春に開始する予定。

 熊本TECでは、新棟の建設と生産装置の導入に約500億円を投じる。新棟は、計2万平方メートルのクリーンルームが展開可能な2層構造とする。今回の投資で約5000平方メートルのクリーンルームを設置してイメージセンサー生産装置を導入し、2006年春の稼働を目指す。CCDイメージセンサーに加え、CMOSイメージセンサーの生産を開始する。さらに、新棟ではSXRDの液晶工程の展開も予定している。

ソニーのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加