logo

マイクロソフト、64ビット版Windowsのテスト版をリリース

Ina Fried(CNET News.com)2004年12月08日 12時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間7日、WindowsおよびWindows Serverの両OSの新バージョンに関し、ほぼ完成版に近いテストバージョンをリリースしたことを明らかにした。

 同社は、Windows Server 2003のService Pack 1が「リリース候補版」の段階に達したことを明らかにした。また、Windows Server 2003 x64 EditionsやWindows XP Professional x64 Editionなど、同じコードをベースにした64ビット版Windowsの複数のバージョンも同様の段階に達しているという。

 Microsoftは、3つの製品がどれも、2つめのリリース候補版をはさんで、最終的には来年前半にリリース予定であることを重ねて強調した。

 Windows Server 2003の「R2」と呼ばれる2番目のアップデートについても来年発表が予定されている。Microsoftでは、同リリースのプライベートベータを今月後半に約1000人のテスターに向けて投入したい考えだ。同社では、R2の公開ベータを来年前半に、また最終リリースについては同年後半中に発表したいとしている。

 Microsoftは、AMDのOpteronとAthlon 64の両プロセッサをサポートする64ビット版Windowsの投入を以前から約束していたが、これについてはサーバ、デスクトップ版ともに、最終リリースの発表が来年以降にずれ込んでいる。また、x86アーキテクチャの64ビット拡張をサポートするIntel製チップにも、これと全く同じバージョンのWindowsが対応する。

 Microsoftは、Windowsの新バージョンが投入されることで、来年までには64ビットチップ搭載コンピュータが主流になることを期待しているという。

 同社によると、32ビット版のWindows XP ProfessionalやWindows Server 2003を所有しているユーザーは64ビット版のライセンスに乗り換えられるという。

 Windows Server 2003 SP1のリリース候補版は、Microsoftのサイトで既に公開されている。また、Microsoftのテストプログラム参加者には、64ビット版Windowsの各バージョンのコードも公開されている。同社は、各バージョンのリリース候補版を30日以内にCustomer Preview Programに組み込むという。

 Windows Serverのアップデート版には、同社がWindows XP with Service Pack 2に追加したセキュリティ関連の新機能が数多く含まれている。Windows Serverの新機能のなかには、性能が強化されたファイヤウォール、新しいセキュリティ設定ウィザードなどがある。このウィザードを使えば、特定のサーバで利用されていないポートやサービスをブロックすることが可能だという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集