ソフトエイジェンシー、Linux用アンチウイルスソフトBitDefender販売へ

ニューズフロント2004年11月15日 15時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトエイジェンシーは、アンチウイルスソフトウェアを手がけるルーマニアのSOFTWINと販売パートナー契約を締結した。ソフトエイジェンシーが11月15日に明らかにしたもの。これにより、同社は、エンタープライズ向けLinuxセキュリティソリューションとしてSOFTWIN製品を提供する。

 SOFTWINのBitDefenderは、強力なウイルス検出/駆除力と、高度なアンチスパムモジュールを提供するセキュリティソリューションという。Windows版だけでなく、Linux版も用意されている。「さまざまな機関から認定を受け、特にVirus Bulletinの調査では、新種のウイルスに対応したパターンファイルを世界で最も速く配布したと報告されている」(ソフトエイジェンシー)

 ソフトエイジェンシーは、SOFTWIN製品を販売することで、Linuxセキュリティ製品の強化を図る。さらに、組み込みLinux用のアンチウイルスソフトウェアを共同開発し、販売していく予定。

ソフトエイジェンシーのプレスリリース
SOFTWIN

  • このエントリーをはてなブックマークに追加