MSと大塚商会、RSAの3社、Windows向け二要素認証ソリューションを提供

ニューズフロント2004年11月11日 15時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフト、大塚商会、RSAセキュリティの3社は11月11日、情報システムのセキュリティ強化を図るActive Directory認証強化ソリューションパックの提供を、11月15日に開始すると発表した。同パックは、Active Directoryによるユーザーアカウントの一元管理機能と、RSA SecurID for Microsoft Windowsによる二要素認証技術を用い、Windowsログオン時のセキュリティを高める。さらに、Microsoft Systems Management Serverを使い、各クライアントPCへのモジュール配信やセキュリティパッチ配布を行う。

 同パックを使用すると、Windowsログオン時のパスワードとしてワンタイムパスワードが使えるようになる。その結果、パスワードを記憶したり、定期的に変更したりする必要がなくなる。また、ノートPCの紛失や盗難時にも、情報漏えいの危険性が減少する。IT管理部門は、パスワード管理やセキュリティ啓蒙の作業を減らすことができ、ヘルプデスクのコスト削減につなげられる。企業にとっては、パスワード複製/盗難/推測/攻撃対策コストの削減、不正アクセスの可能性の大幅削減、Windowsログオン履歴による監査強化といったメリットがある。

 価格は個別見積もりとする。初年度100システムの販売を目指す。

マイクロソフトのプレスリリース
大塚商会
RSAセキュリティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加