フォトレポート:「Mr.インクレディブル」製作の舞台裏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Pixarは、「Toy Story」「Monsters Inc.」「Finding Nemo」といった歴代の作品で、それぞれ技術的な課題に挑戦し新境地を切り拓いてきたが、今回の「The Incredible」では人間のキャラクタを1960年代のテレビアニメのような伝統的な2Dキャラクタとして動かしている。


Credit: Disney
登場人物に命を吹き込む:Pixarのアニメータは「The Incredible」で、昔風のアニメキャラクタを人間本来のプロポーションでレンダリングした。

Credit: Disney
最初の段階:アーティストらは今でも、あらゆるコンピュータ処理を始める前に白黒のストーリーボード・スケッチを手描きしている。

Credit: Disney
体に肉付け:アニメータはモデルを使ってキャラクタの1つ1つの動きをコントロールしてから、ソフトウェアを用いてデジタルな皮膚をリアルタイムで付けていく。

Credit: Disney
シーンの設置:キャラクタのポーズが決まったら、バーチャルサーフェスを作成して背景を埋める。さまざまな角度から見た背景を埋めるために、何千ものモデルが必要になることもある。

Credit: Disney
仕上げ:重力や重さ、摩擦など実際の環境ファクタを反映させて、衣服や毛髪などの細部をレンダリングする。

Credit: Disney
光源の追加:キャラクタにシェーディング(陰影付け)を施して色や触感をつける。それから、バーチャル照明を各シーンに追加する。

Credit: Disney
声の追加:Holly HunterとディレクターのBrad Birdが、主要キャラクタに声をつける。

Credit: Disney
自然光のシミュレーション:上のようなシーンでは、自然光や自然の陰影をシミュレーションしている。

Credit: Disney
都市の景観:架空のビルの景観は、この映画で作成された背景の中で苦労の多かったものの1つだ。

Credit: Disney
熱の表現:アニメータは色の輝度を使って、このシーンの炎を現実の炎にここまで似せることに成功した。

Credit: Disney
長い一日:アニメーション以外の映画と同様、シーンに雰囲気を追加するのに照明や距離が利用されている。

Credit: Disney
自然界の表現:アニメータらは、葉の葉脈や草などの細部まで現実的な自然のシーン作成に苦労した。


この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加