logo

富士通、業界初・情報漏えいの兆候をユーザーに通知するサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は、05年4月に全面施行される「個人情報保護法」対応に向け、従来の「情報漏えい対策ソリューション」を強化し、個人情報取扱事業者を始めとする企業ユーザーを対象に「個人情報保護対策サービス」を新たに開始した。

 新サービスは、「現状分析」「方針策定」「構築」「運用」といった一連のフェーズをトータルに支援するもので、同社ならではの最先端プロダクトと組み合わせることで、ユーザーに、ワンストップで効率的な「個人情報保護対策」を提供していく。これによって、ユーザーは個人情報保護対策に関わるコストを最小限に抑えるとともに、コンプライアンス経営を実現することができる。

 サービス内容は、(1)「簡易評価診断サービス」(無償)、(2)「導入支援サービス」、(3)「運用サービス」の3つ。とくに、「運用サービス」では、業界で初めて、情報漏えいの兆候を同社センターから監視し、不審な挙動をユーザーに通知するサービスを提供する。

 「導入支援サービス」では、個人情報保護を実現する製品群を使ったシステムを、あらかじめ作成したモデルパターンに基づき、短期間で構築する。具体的には、世界で初めて非接触ICカード技術方式「FeliCa」対応リーダライタをカスタムメイドで内蔵した「FMV-LIFEBOOKシリーズ」、生体認証(手のひら静脈認証、指紋認証など)、暗号化ツール、入退室管理システムなどを採用する。

 さらに、統合運用管理ソフトウェア「Systemwalker」の「Desktopシリーズ」として新製品の提供を計画している。操作ログ分析や外部記録媒体への不正コピーを防止する「Systemwalker Desktop Keeper(仮称)」、ファイルの暗号化を実現する「Systemwalker Desktop File Guard(仮称)」をラインアップに追加する予定。セキュリティパッチの自動適用やウイルスパターンの適用状況を管理する「Systemwalker Desktop Patrol」(提供済)と合わせ、企業における個人情報保護を強力に支援していく。

 価格は、「個人情報保護対策導入支援サービス」が個別見積(100万円から)で即日開始。「個人情報保護対策運用サービス」が個別見積で、05年2月開始。「個人情報保護対策教育支援コンサルティングサービス(オプション)」が個別見積(200万円から)で、提供開始済。「プライバシーマーク取得支援コンサルティングサービス(オプション)」が個別見積(200万円から)で、提供開始済。

 新サービスおよび関連製品全体で、05年度末までに100億円の売り上げを目指す。

富士通
「富士通のセキュリティソリューション」
「富士通ITマネージメントセンタ」

-PR-企画特集