logo

日立とトレンドマイクロなど、総合的なウイルス汚染防止/駆除サービス

ニューズフロント2004年10月14日 15時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は、事前対策から復旧/分析まで一貫してカバーする総合的なウイルス対策サービスを、Secureplazaに含まれるウイルス汚染防止ソリューションの1メニューとして提供する。日立、日立電子サービス(日立電サ)、トレンドマイクロの3社が10月14日に明らかにしたもの。監視サービス、脆弱性診断サービス、大規模感染予防サービスなどを、10月20日より順次提供していく。

 ウイルス汚染防止ソリューションでは、日立電サがトレンドマイクロの遠隔管理システムなどを用い、ウイルスの常時監視、早期情報収集、予防、駆除などを行う。同ソリューションで提供される各サービスの概要、100クライアント当たりの税込み価格、提供開始時期は以下の通り。

・監視サービス:
 ウイルスの侵入/感染を常時監視し、駆除やパターンファイル更新に問題があった場合には遠隔操作で復旧させる。新種ウイルスによる感染時には、個別のパターンファイルをサービスレベル契約に基づいて提供する。月額18万円から。2004年10月20日に提供開始

・脆弱性診断サービス:
 Windowsを対象に、脆弱性の診断/特定を遠隔地から定期実行する。月額10万5000円から。2004年10月20日に提供開始

・大規模感染予防サービス:
 世界的な大規模感染が見込まれるウイルスの出現時などに、パターンファイル配信前に顧客システムに予防ポリシーを適用し、早期のウイルス侵入/感染拡大の予防を図る。月額3万円から。2004年10月20日に提供開始

・ダメージクリーンナップサービス:
 ウイルス検出時に復旧テンプレートを送付することで、改変レジストリやメモリ内のウイルスを削除してシステムを復旧させる。月額2万円から。2004年10月20日に提供開始

・ウイルス駆除サービス:
 ウイルス検出時に日立電サの技術者がオンサイトでウイルス駆除を行う。月額料金は個別見積もり。2004年12月1日に提供開始

・ウイルス予防訓練サービス:
 擬似ウイルスを含む訓練用メールを顧客の従業員に送付したうえで、各自の対応結果を集計/分析し、結果に基づいて改善策の提案とトレーニングを行う。1回当たりの料金は個別見積もり。2004年12月1日に提供開始

日立製作所のプレスリリース
日立電子サービス
トレンドマイクロ

-PR-企画特集