日本IBM、新エバンジェリスト発表で合計16名の伝道師

藤本京子(CNET Japan編集部)2004年09月30日 12時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは9月29日、IT業界における先端技術を伝道する役目を担う「エバンジェリスト」を新たに8名任命したと発表した。今年5月に発表したエバンジェリストらとともに、IT業界の発展をめざし、オープンなテクノロジーを業界に広めるための活動を行う。

 これまでエバンジェリストらは、オンライン・オフラインにおけるコミュニティ活動やセミナー活動を通じて、積極的に技術の伝道を行ってきた。オープンテクノロジーおよびJ2EEのエバンジェリスト、

日本IBM 執行役員 ソフトウェア事業担当 三浦浩氏
米持幸寿氏の「米持先進技塾」や、ウェブデザインパターン、コーチングのエバンジェリスト、樋口節夫氏の「樋口研究室」といったセミナーをはじめ、最新のITトピックをエバンジェリストが紹介する「エバンジェリストDay」も開催している。ほかにも、書籍執筆や雑誌への寄稿、社外での講演やセミナーを含め、約100件の活動を行ってきたという。

 日本IBM 執行役員 ソフトウェア事業担当の三浦浩氏は、新たなエバンジェリストの選出について、「5月に発表したエバンジェリストは、ソフトウェア事業部内の者ばかりだったが、顧客やコミュニティからの評価も高く、今回は範囲を広げて選出した」と述べる。選出基準は、各分野に精通しているのみならず、コミュニティに寄与できる人物ということだ。

 今回の発表でIBMのエバンジェリストは合計16名となる。各エバンジェリストの所属および専門分野は以下の通り。

 浅井信宏氏
所属:ソフトウェア開発研究所 SWアーキテクチャ
専門分野:ソフトウェアアーキテクチャ

 石井宏和氏
所属:ソフトウェア開発研究所 情報マネジメントテクノロジー
専門分野:コンテンツマネジメント

 大内二郎氏
所属:ソフトウェア事業
専門分野:オートノミックコンピューティング

 大沼啓希氏
所属:ソフトウェア事業 DB2テクニカルサポート
専門分野:データベース、DBアクセスセキュリティ、オートノミック、グリッド

 小椋隆氏
所属:ソフトウェア開発研究所 情報マネジメントテクノロジー
専門分野:インフォメーションインテグレーション

 小倉弘敬氏
所属:ソリューション開発 インテグレーション
専門分野:ビジネスプロセスインテグレーション

 清水敏正氏
所属:ソフトウェア事業
専門分野:エンタープライズJavaテクノロジ、サービス指向アーキテクチャ、オンデマンド

 菅原香代子氏
所属:ソフトウェア事業
専門分野:データベース設計、パフォーマンス管理、データウェアハウス、基礎技術

 関孝則氏
所属:グリッドビジネス事業部
専門分野:グリッドコンピューティング

 長島哲也氏
所属:ソフトウェア事業
専門分野:エンタープライズアーキテクチャ、サービス指向アーキテクチャ

 樋口節夫氏
所属:ソフトウェア事業 テクニカルサポート
専門分野:ウェブデザインパターン、コーチング

 藤井智弘氏
所属:ソフトウェア事業 ラショナル事業部
専門分野:ソフトウェア開発、UML、MDA、開発プロセス(RUP)標準化、要求管理、ソフトウェア品質、構成管理

 丸山宏氏
所属:東京基礎研究所 コンプライアンステクノロジー
専門分野:コンプライアンステクノロジー

 米持幸寿氏
所属:ソフトウェア事業
専門分野:オープンテクノロジー、J2EE

 若尾正樹氏
所属:ソフトウェア開発研究所
専門分野:ウェブツール

 渡辺隆氏
所属:ソフトウェア事業 ラショナル事業部
専門分野:ソフトウェア開発、UML、MDA、開発プロセス(RUP)標準化、要求管理、ソフトウェア品質、構成管理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加