マイクロソフト、オープンソース開発サイトでWikiソフトを公開

Ina Fried(CNET News.com)2004年09月28日 12時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは27日(米国時間)、オープンソース化プロジェクトのソフトウェアリストに、コラボレーションソフトウェアを追加した。

 MicrosoftがWiki作成用ソフトウェア「FlexWiki」のソースコードを公開した。Wikiとは、あるトピックをカバーするため、何人ものユーザーがコンテンツの作成や編集に参加できるようにしたウェブページのこと。

 FlexWikiは、Microsoftがオープンソースライセンスで今年公開した3つ目のソフトウェアだ。これらのソフトウェアは全て、Common Public License(CPL)に基づいて公開されている。同社は今年4月にWindows Installer XML(WiX)を、その1カ月後にはWindows Template Library(WTL)をSorceForge.netで公開している。

 Microsoftによると、公開以来のダウンロード数は、WiXが10万回、WTLは2万回を数え、両プロジェクトはSourceForgeで最も活発なプロジェクトの上位5%に入っているという。FlexWikiもSourceForgeサイトで公開されることになる。

 Microsoftのオープンソースサイト参加に対する反応は、比較的中立的だとSourceForgeのディレクターPatrick McGovernはいう。

 「過度に好意的ではなかったが、人々の怒りも買っていない」(McGovern)

 FlexWikiは、Microsoftが社内で開発者向け「Channel 9」サイトの開発に使用していたものだ。またMicrosoftは、企業がMicrosoft製ソフトウェアベースのシステムを設計するのを支援するPrescriptive Architecture Guidance部門で、Wikiの創始者Ward Cunninghamを雇用している。

 Microsoftがこれまでにオープンソースコミュニティに提供したコードの大半は、同社のコアビジネスを補うためのツールだった。しかし同社は、政府や大学など特定の組織がより機密性の高いコードを閲覧できる、制限付きのソース共有プログラムも提供している。先週Microsoftは、このGovernment Security Programプロジェクトの対象にOfficeのコードを追加した。このプロジェクトに参加する政府は、WindowsなどMicrosoftの最も重要な製品のソースコードを閲覧することができる。ただし、これらのソースコードを変更することは認められていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加