ヤフー、出前専門総合サイトをもつ夢の街創造委員会と資本および業務提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは9月15日、今後の事業拡大を図るため、夢の街 創造委員会(出前館、中村利江社長)への資本参加および業務提携に合意したと発表した。

 夢の街 創造委員会は、「出前館」を核に、インターネットを使ったデリバリー総合情報の発信と、eコマースサービスの企画、開発、運用を行っている。また、デリバリーに特化した経営企画、商品企画、マーケティングコンサルタント業務を手掛けている。従業員数は25人(04年8月末日現在)。

 「出前館」は、宅配サービスのある店にすぐ注文できる出前専門総合サイトで、ピザ、弁当などを中心にクリーニングや花、日用品、バイク便など全国で3500店舗を超える宅配サービスの加盟店をもつ。利用者が届けてほしい住所を入力すると、その住所に宅配できるお店とそのメニューが表示され、その場で注文できるサービスを展開している。

 今回、ヤフーは、今後ますます多様化していくインターネット利用者のニーズと要望に応えていくため、出前館のもつノウハウを生かし、地域情報サービスの拡充を目指すことにした。一方、出前館は、ヤフーのもつ日本最大級の集客力を生かし、集客・認知度向上による事業成長のスピード化、収益拡大、ブランド強化を目指す。

 資本面でヤフーは、第三者割り当てによる増資を引き受けることで、出前館に資本参加する。これによって、ヤフーは、出前館株式23.3%(4000株)を保有し、インデックスと並び筆頭株主となる。また、ヤフーから出前館に役員1人を派遣する予定。

ヤフー
夢の街 創造委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加