日本HP、仮想化技術VSEをHP-UX 11i/Linuxの両OS対応に

ニューズフロント2004年09月15日 14時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は9月15日、仮想化技術HP Virtual Server Environment(VSE)のマルチOS対応を含む機能強化と、HP-UX 11i v2の機能拡張を発表した。

 HP VSEは、優先順位に基づきリアルタイムにサーバリソースの利用状況を最適化する統合仮想化技術。HP VSEを利用すれば、各サーバのアプリケーションで設定したサービスレベル目標値に応じ、システムを仮想化して自動的に規模などを拡張/縮小できる。

 今回の機能強化では、VSEをHP-UX 11iおよびLinuxの両OS対応とする。具体的な対応製品と出荷スケジュールは以下の通り。

  • HP Global Workload Manager:
 マルチOS対応の動的なマルチシステムワークロード管理ソリューション。2005年上半期に出荷開始
  • HP Integrity Virtual Machines:
 マルチOS対応のソフトウェアパーティショニング。2005年下半期に出荷開始
  • Secure Resource Partitions:
 VSEと統合されたセキュリティコンパートメント。2005年上半期に出荷開始
  • HP-UX Virtual Partitions(vPars)for HP Integrityサーバ:
 これまでPA-RISC搭載HP 9000サーバ環境向けだったパーティショニング技術を、HP Integrityサーバにも提供。2005年上半期に出荷開始
  • HP Serviceguard Extension for Faster Failover(SGeFF):
 高可用性ソリューション。すでに出荷を開始している
  • iCOD:
 オンデマンドソリューション。HP Integrityサーバに対応させる。すでに提供を開始している

 一方、機能拡張版HP-UX 11i v2は、最大128ウェイ構成まで対応可能とした。さらに、HP 9000サーバシリーズにも新たに対応させる。「HP 9000サーバとHP Integrityサーバの双方に対応するので、両プラットフォームで統合されたHP-UX環境が構築可能となり、顧客の投資を保護できる」(同社)。

 機能拡張版HP-UX 11i v2は、2004年11月初旬より順次出荷を開始する。

日本ヒューレット・パッカードのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加