M2X、メールアドレスでIP電話の発着信を可能に

ニューズフロント2004年08月19日 14時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エムトゥエックス(M2X)は8月19日、IP電話サービスTaRaBaにメールアドレスで発着信が行える機能「メアドでコール」を追加すると発表した。同機能の提供開始は8月26日の予定。

 これまでTaRaBaで発着信を行うには、利用者に割り当てられている8桁の会員番号を使う必要があった。メアドでコールでは、数字だけの番号よりも覚えやすいメールアドレスで電話がかけられるので、「TaRaBaサービスの利便性が拡大し、顧客数の増加につながる」(同社)。なお、発着信用のメールアドレスは、会員登録時に申請したものを使う。

 また、同社は同日、PC上のあらゆるアプリケーションから発信を可能にするソフトウェア「M2X VoIP Launcher」についても明らかにした。無償提供を8月26日に開始する。

 同ソフトウェアを使うと、PCの画面に表示された任意のメールアドレスをクリックするだけで発信できる。アプリケーションの種類に制限はないが、対応OSはWindows XPのみ。ほかのOSへの対応は、今のところ予定していない。

エムトゥエックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加