マイクロソフト、ISA Server 2004日本語版を8月に発売

ニューズフロント2004年07月21日 14時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは7月21日、Microsoft Windows Server System(Windows Server)のセキュリティを強化する統合ファイアウォールソフトウェアMicrosoft Internet Security & Acceleration Server 2004 Standard Edition日本語版(ISA Server 2004)の販売を8月2日に開始すると発表した。

 ISA Server 2004は、多層防御ファイアウォール、統合VPNなどの機能を備える統合セキュリティソリューション。Windows Serverと密な連携が可能で、Active DirectoryやWindows Serverのインターネット認証サービス(RADIUS機能)連携による認証とポリシー設定により、各種アクセスを制御できる。

 HTTP、SMTP、RPC、DNS、POP3に対するフィルタリング機能と、特定種類のファイルやファイル名、ウェブページ、電子メールなどを指定したキーワードで選別することで、危険な通信を遮断する。Windows Server 2003のネットワークアクセス検疫制御と連動し、VPNクライアントのセキュリティ要件の検疫も行える。

 ウェブコンテンツをキャッシュする機能も備え、ネットワーク内外のウェブサーバへのアクセスを高速化する。また、各種開発キットが用意されているので、さまざまな独立系ソフトウェアベンダー(ISV)が、ウイルス対策ソフトウェア、コンテンツフィルタなどISA Server 2004と連携する製品を提供する予定。

 8月2日に販売開始するバージョンは、ボリュームライセンスプログラムを通じて提供するもの。パッケージ版の販売は、8月6日に開始する。価格はウェブサイトに掲載している。

マイクロソフトのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加