logo

KDDI、位置情報サービス「GPS MAP」の機能を拡張、大口割引も実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは、位置情報サービス「GPS MAP」の機能を拡張した「GPS MAPタイプ2」を10月1日より開始する。同時に100台以上の大口契約について、同サービスの利用料金の割引を行うことを発表した。

 KDDIはこれまで、GPS機能搭載の第3世代携帯電話を利用したサービスとして「GPS MAP」を提供してきた。これはインターネットに接続した管理用PCを用意するだけで、au携帯電話の現在位置を地図上に表示し、常に保有者の位置を把握できるというシステムだ。KDDIの位置情報プラットフォームを介して提供する簡便な汎用型ASPサービスであるため、設備投資や特殊な装置が不要だが、カスタマイズができなかった。

 10月から提供される「GPS MAPタイプ2」は、従来のシステムにユーザー側のサーバを連携させることができるようになる。低コストでありながら、自社所有地図や各種業務システムと連携させることで、フィールドサービスなどの業務に役立てやすくなった。

 「GPS MAPタイプ2」の利用料金は、月額基本料金やPCの追加ID利用料、携帯電話利用料という部分は従来の「GPS MAP」と同じ。サービス登録時の料金は1契約あたり10万5000円となり、現在提供中のタイプ1からの移行にも同料金がかかる。このうちau携帯電話の利用台数が100台を超える大口システムの場合、月額2100円の「ケータイ利用料」が台数に応じて割引されるのが「大口割引サービス」。割引率は最大で50%(2000台以上契約時)で、現在提供中のタイプ1、秋から開始するタイプ2の両方が対象だ。割引サービスを受けるための申し込みは必要なく、課金対象となる利用台数から自動的に適用される。

KDDIホームページ
参考:GPS MAPタイプ2サービスイメージ

-PR-企画特集