アイポイント、個人情報保護を重視したLinux専用サーバーホスティング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイポイント(桃井 純代表取締役)は、企業における個人情報保護の強化をサポートするため、セキュリティ対策を重視したLinux専用サーバーマネージドホスティング「アイポイント・ホスティングサービス」を提供開始した。

 個人情報の流出や漏えいが相次ぐなか、インターネットサービスを提供する企業では、こうしたリスクからサービスを守ることが重要な課題となっている。しかし、安全なサーバー運用を行うためには、十分なセキュリティ知識を備えた人材と、多大なコストや時間が必要となることから、未だに多くのサービスが、不十分なセキュリティのもとに運用されているのが実状。

 同社では、「情報の漏えい・改ざん」が起こる3つの要因として、

  1. ファイアウォールの設置や最新のセキュリティパッチが適用されてないことによる、ネットワーク環境上のセキュリティホールがある場合

  2. クロスサイト・スクリプティングなど、Webアプリケーションの設計や実装上の問題により、不正アクセスを許してしまう場合

  3. サーバーへのアクセス権限管理がずさんなため、内部からのデータ持ち出しを許してしまう場合

―─を想定している。

 今回の「アイポイント・ホスティングサービス」は、これらの要因に対応した適切なセキュリティ対策を実現するため、Linuxを搭載した専用サーバーと、専門エンジニアによるサーバー代行管理を基本セットにしたホスティングサービスで、

  1. ファイアウォールを標準提供
  2. 最新セキュリティパッチの適用を代行
  3. 自社の専門エンジニアに限定したサーバー運用管理
  4. プログラムのセキュリティ診断(オプション)
  5. ウィルス対策ソフトのインストール(オプション)
  6. 乗り換え代行支援

―─を提供する。

 同サービスを利用することで、人材やノウハウ・知識の不足から、セキュリティを考慮したサーバーの運用管理を実施できない企業にとっては、フルアウトソースによる、低コストでセキュリティ水準の高い運用管理を実現できる。

 なお、今回のサービス提供開始を記念し、7月30日までの期間限定で、他社のホスティングサービスから乗り換える顧客を対象に、初期料金(21万円)を無料にする「初期料金無料キャンペーン」を実施する。

アイポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加