GMO、ゼロのインターネット接続事業を買収

藤本京子(CNET Japan編集部)2004年07月09日 19時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グローバルメディアオンライン(GMO)は7月9日、インターネットサービス企業のゼロより、インターネット接続事業を買収すると発表した。

 ゼロは、1997年にインターネットメールサービスの「10円メール」を開始、その後低料金インターネット接続サービス「ZERO」を提供し、初心者ユーザーを中心に支持された。現在のZEROのユーザー数は9万9550人、10円メールのユーザー数は36万2776人。

 GMOは今年4月1日に個人向けインターネットプロバイダー、ベッコアメ・インターネットの運営するインターネット接続サービスおよびホスティングサービスの営業権を取得したばかり。今回の買収も、アクセス事業のさらなる拡充をはかるためだという。いっぽうのゼロは、今後ECビジネスや決済サービス等のシステム開発事業に注力する。

 同事業の買収日は11月1日を予定している。GMOは、事業の継承後もゼロのこれまでのブランドを継承するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加