アビーム、日本HP、プラムツリーの3社が企業ポータルソリューションで協業

ニューズフロント2004年07月06日 14時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アビーム コンサルティング、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)、プラムツリーソフトウェアジャパンの3社は7月6日、企業ポータル向けITソリューションの開発/提供分野で協業すると発表した。これにともない、3社はそれぞれ人員を派遣して総勢20名の専任部隊を設立し、ソリューション開発を共同で進める。

 この協業の目的は、3社の強みをそれぞれ補完して企業ポータル市場をけん引することという。「アビームの各業界に対する知識や豊富なコンサルティング経験、日本HPの豊富なシステム導入実績/柔軟なITプラットフォーム、プラムツリーの企業ポータルソフトウェアであるプラムツリーエンタープライズWebスイートを組み合わせる」(3社)。

 協業によって、3社は以下に示す付加価値が生じるとしている。

  • ビジネスコンサルティングからソリューション、ハードウェアの供給/保守にいたるまでを一括提供できる
  • コンサルティング企業であるアビームの参画により、ソリューション/システム導入だけでなく、ナレッジマネジメントの上流コンサルティングからポータルソリューションを提供できる
  • アビームと日本HPはともに自社内へのプラムツリー製品導入を進めており、ここで培ったノウハウを共有することで、スムーズなシステム導入が可能となる

 さらに、3社はセミナーの共催や営業活動の協力など、共同マーケティングも積極的に進める。その一環として、7月16日に日本HPの市ヶ谷事業所(東京都千代田区)でエネルギー業界向けのセミナー開催が予定されている

日本ヒューレット・パッカードのプレスリリース
アビーム コンサルティング
プラムツリーソフトウェアジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加