ターボリナックス、Linuxクライアント製品のサポートサービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ターボリナックス(矢野広一社長)は6月3日、デスクトップパソコンやノートパソコンなど、クライアントマシン搭載のLinux OS向けサポートサービス「ターボサポート for クライアント」を開始すると発表した。企業におけるLinuxオフィス・デスクトップ環境やコンシューマ・マシンをターゲットに、7月1日から提供する。

 「ターボサポート for クライアント」は、デスクトップOSである「Turbolinux 10 Desktop」、「同 Basic」および「Turbolinux 10 F...」を対象としたインシデントタイプの年間契約型サポートメニュー。企業ユーザー向けの「ターボサポート for クライアント Corporate」と、個人ユーザー向けの「ターボサポート for クライアント Personal」の2つのメニューによって、それぞれのニーズに対応したサポートサービスを提供する。

 従来から同社が提供しているテクニカルサポートサービス「ターボサポート」を、クライアント用途向けに購入しやすくメニュー化しており、インストールから基本操作・システム運用や、 Windowsからの移行作業における問い合わせまでをトータルにサポートする。

 価格は、「ターボサポート for クライアント Corporate」が、契約日から1年間のサポート、3インシデントで1万6590円。大規模クライアント環境に対するサポートサービスについては別途問い合わせ。「ターボサポート for クライアント Personal」が、1インシデント(有効期限6か月) で3675円。

ターボリナックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加