logo

OCNの音楽配信サービスが6月にスタート、今年度中に30万曲をラインアップ

ニューズフロント、早津優美(CNET Japan編集部)2004年05月20日 17時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は5月20日、同社のインターネットサービスOCNで会員向け音楽配信サービスOCN MUSIC STOREの提供を6月7日に開始すると発表した。サービス開始時に約2万曲を用意し、2004年度中に30万曲の配信を計画している。ダウンロード料金(税込み)は、1曲210円〜367円、アルバム1枚1449円〜2404円とする。

 提供する楽曲のファイル形式はWindows Media Audio(WMA)だが、「順次ニーズの高い形式への対応も検討する」(同社)。ダウンロードした楽曲はパソコンのほか携帯用音楽プレイヤーでも再生できる。利用可能な携帯用音楽プレイヤーはWindows Media Technologyの著作権保護方式に対応した機種。現在NTT Comでは、Rio JapanのRio NITRUS/EIGEN、Rio KARMA、Rio CHIBA/Sシリーズが対応済みであることを確認している。

 サービス開始時に参加するレコード会社は以下の通り。

  • 日本クラウン
  • コロムビアミュージックエンタテインメント
  • セーニャ・アンド・カンパニー
  • 東芝EMI
  • 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • VAP
  • ビクターエンタテインメント
  • フォーライフ ミュージックエンタテイメント
  • ポニーキャニオン

 2004年夏にはワーナーミュージック・ジャパンが加わる予定という。OCN MUSIC STOREサービスはNTT Comのコンテンツ配信プラットフォームサービス「Arcstar MUSIC」を利用する。NTT ComではOCN MUSIC STOREを同社のブログサービスや物販サービスなどと連動させて、総合音楽サイトにしたいとしている。

NTTコミュニケーションズのプレスリリース

-PR-企画特集