logo

NEC、使用頻度の低い機能を省いたビジネス向けPCを発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは5月7日、ビジネス向けノートパソコン「VersaProシリーズ」において、コストパフォーマンスを向上させたベーシックノート4機種の商品化を発表した。ビジネス向けデスクトップパソコン「Mateシリーズ」についても、スリムタワー型2機種、液晶一体型2機種など計9機種を商品化した。いずれも同日販売を開始し、5月14日に出荷を始める。

 VersaProの新機種は、フロッピーディスクドライブ、シリアル/パラレルといったレガシーポートなどを省き、基本機能のみ搭載した製品。その結果、従来のエントリーモデルに比べ、約15%の低価格化が実現したという。プロセッサはインテルPentium M(動作周波数1.50GHz)またはCeleron M(同1.20GHz)。「USB接続を前提とした一般OA業務に十分な基本性能を有している」(同社)

 VersaProベーシックノートのそのほかの仕様などは以下の通り(一部構成はBTOにて変更可能)。

 ・ベースモデル:VY15F/EF-M
 ・メモリ:DDR-SDRAM(256Mバイト)
 ・グラフィックアクセラレータ:インテル855GMEチップセット内蔵
 ・ディスプレイ:15型TFTカラー液晶(XGA:1024×768ピクセル)
 ・OS:Windows XP Professional
 ・ハードディスク装置:約40Gバイト
 ・CD-ROMドライブ:最大24倍速
 ・通信機能:100BASE-TX/10BASE-T
 ・バッテリー:ニッケル水素
 ・希望小売価格(税別):17万2000円

 Mateシリーズのスリムタワー型は、ギガビットLAN、AGPスロットなど一般OA用途では使用頻度の低い機能を非搭載とし、「同等の性能を持つ機種に比べ約21%の低価格化を実現」(同社)。プロセッサはインテルPentium 4(同2.80A GHz)。

 Mateシリーズの液晶一体型は、超低電圧版インテルPentium M(同1.10GHz)を採用したことで、「通常のスリムタワー型と15型液晶モニターを組み合わせた製品に比べ約40%の省電力化を達成した」(同社)という。省エネルギー設計やファンレス機構の採用により、騒音の大きさを約20dBに抑えている。

 Mateシリーズ両製品の主な仕様などは以下の通り(一部構成はBTOにて変更可能)。

【Mateスリムタワー型】
 ・ベースモデル:MY28V/L-E
 ・メモリ:DDR-SDRAM(256Mバイト)
 ・グラフィックアクセラレータ:インテル865GVチップセット内蔵
 ・ディスプレイ:なし
 ・OS:Windows XP Professional
 ・ハードディスク装置:約40Gバイト
 ・CD-ROMドライブ:最大24倍速
 ・通信機能:100BASE-TX/10BASE-T
 ・希望小売価格(税別):11万6000円

【Mate液晶一体型】
 ・ベースモデル:MY11F/FR-E
 ・メモリ:DDR-SDRAM 256Mバイト
 ・グラフィックアクセラレータ:ATI Technologies製MOBILITY RADEON 9200
 ・ディスプレイ:15型TFTカラー液晶(XGA:1024×768ピクセル)
 ・OS:Windows XP Professional
 ・ハードディスク装置:約80Gバイト
 ・CD-ROMドライブ:最大24倍速
 ・通信機能:100BASE-TX/10BASE-T
 ・標準価格(税別):20万3000円

NECのプレスリリース

-PR-企画特集